1 1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
白く輝く魅力的な口元は、あなたの“好印象”を高め、
魅力をアップさせていく力があります。
歯のクリーニングでも表面の汚れを落とすことはできますが、
ホワイトニングを行うことで歯牙の内部に沈着している色素まで
漂白することができ、より輝く白さを得ることができます。
こばやし歯科では、“二つの方法”(オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング)を
併用することで、より美しい白さを手に入れていただけます。
こばやし歯科では、ホワイトニング加熱装置など、最新の技術を導入し ています。
歯科医院で2〜3回行なうことで歯を白くします。
ハロゲンの光と薬液を反応させることで
ホワイトニング効果が得られます。
患者さまがご自宅で行います。使用方法はとても簡単。
お口にぴったり合ったマウスピース状の中に
薬液を入れて歯にフィットさせます。
Q01
1
ホワイトニングとクリーニングは違うの?
1
A01
1
クリーニングは歯の表面のみをきれいにできます。
ホワイトニングは歯の内部の色素沈着を漂白できます。
そのためホワイトニングは歯を現在よりもより白くできるのです。
1
Q02
1
痛くないですか?
1
A02
1
多少の痛みを伴う場合もあります。施術時間を変えたり、
事前に痛み止めを飲むなどして対応できます。
痛み自体は長時間に渡り続くものではありません。
1
Q03
1
ホワイトニングが出来ない人は?
1
A03
1
禁忌症としては、妊娠中や塩素系薬剤のアレルギー、
無カタラーゼ症(過酸化水素を分解する酵素がない)の方です。
また、重度の知覚過敏やむし歯があると痛みが強く出てしまう可能性があるので、
事前に歯科治療が必要な場合があります。
1
Q04
1
害はないの?
1
A04
1
ホワイトニングで使用する薬液の主成分は過酸化水素です。
傷口の消毒薬としても使用されているもので人体に対する害はありません。
1
Q05
1
どれくらい白くなるの?
1
A05
1
効果には個人差がありますが、白さを測るガイドで6〜10レベルの
変化が得られるのが一般的です。ちなみに元プロ野球の新庄選手のような
白さを得る為には、審美歯科治療が必要です。
1
1
1
1
Copyright (C)2008 KOBAYASHI DENTAL&PEDIATRIC DENTAL CLINIC all rights reserved.